浜松市中区の消化器内科・肝臓内科・呼吸器内科・循環器内科

お知らせ

2022年~2023年シーズンのインフルエンザ対策について

平素より当院をご愛顧いただきありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症(以下COVID-19と略します)第7波はピークを越えてきましたが、冬の訪れとともに季節性インフルエンザへの配慮も必要になってきます。

インフルエンザについては、国内でCOVID-19の流行が始まった2020年2月以降、患者報告数は急速に減少し、2020-2021年シーズンおよび2021-2022年シーズンまで、インフルエンザウイルス検出の報告はほとんど見られておらず、危惧されていたCOVID-19とインフルエンザの同時流行もありませんでした。これは、COVID-19対策として普及した手指衛生やマスク着用、3密回避、国際的な人の移動の制限等の感染対策がインフルエンザの感染予防についても効果的であったためと考えられます。しかしながら、2021年後半から2022年前半にかけて、北半球の多くの国ではインフルエンザの小ないし中規模の流行がみられています。
 以上のことから、日本感染症学会では、今季のインフルエンザ対策について、以下の見解が述べられています。

一般社団法人日本感染症学会 提言 2022-2023年シーズンのインフルエンザ対策について(一般の方々へ)|ガイドライン・提言|日本感染症学会 (kansensho.or.jp)

1.2022-2023年シーズンは、インフルエンザの流行の可能性が大きいです

北半球の冬季のインフルエンザ流行の予測をするうえで、南半球の状況が参考になります。オーストラリア政府は定期的にインフルエンザの発症状況を報告していますが、2020年および2021年は、わが国同様、インフルエンザ患者は極めて少数でした。しかしながら2022年は4月後半から報告数が増加し、例年を超えるレベルの患者数となったことによる医療の逼迫(ひっぱく)が問題となりました。今後、海外からの入国が緩和され人的交流が増加すれば、国内へウイルスも持ち込まれると考えられ、日本でも今秋から冬には同様の流行が起こる可能性があります。
 一方で、過去2年間、国内でインフルエンザの流行がなかったため、日本の社会全体のインフルエンザに対する集団免疫が低下していると考えられます。そのため、一旦感染がおこると、特に小児を中心に社会全体として大きな流行となるおそれがあります。
 このようななかで、6月22日、東京都内の小学校で2年3か月ぶりにインフルエンザによる学年閉鎖が発表されました。浜松でも今夏にインフルエンザ感染者が散見されており、冬季のシーズンに入る前に、このような季節外れの流行が起こる可能性もあります。

2.A香港型の流行が予想されます

2021-2022年には、欧米では、インフルエンザウイルスのタイプのうち、主としてA香港型と呼ばれるウイルスの流行がみられました。中国でも今年になって、A香港型が増加しています。またオーストラリアで本年度に検出されたインフルエンザウイルスは、ウイルスのタイプが判明したものの約80%がA香港型でした。そのため今シーズンは、わが国でもA香港型の流行が主体となる可能性があります。A香港型が流行するとインフルエンザによる死亡や入院が増加することが知られているので、特に警戒が必要となります。

3.今季もインフルエンザワクチン接種を推奨します

インフルエンザワクチンには4種類(A型2種類、B型2種類)のウイルス型が含まれており、A香港型もそのうちの一つです。一般にワクチンは、発症予防効果とともに重症化防止効果が期待できます。欧州からの報告では、65歳以上の高齢者において、ワクチンを接種した場合は、接種しなかった場合に比べて、A香港型感染による入院を抑制したと報告されています。
 また、わが国においてはCOVID-19の発症者が冬に再増加する可能性もあります。新型コロナウイルスのオミクロン株もカバーした2価ワクチンが10月から接種開始となっていますが、このような状況下で、ワクチンで予防できる疾患についてはできるだけ接種を行い、医療機関への受診を抑制して医療現場の負担を軽減することも重要です。
 よって、日本感染症学会としては、今季も例年通りに、小児・妊婦も含めて、接種できない特別な理由のある方を除き、出来るだけ多くの方にインフルエンザワクチンの積極的な接種を推奨します。

4.ワクチン接種が是非必要な人

ワクチン接種が是非必要な人は、65歳以上の高齢者,5歳未満のお子さん,そして年齢には関係なく、心臓や肺などに慢性の持病のある方,悪性腫瘍で治療中の方,高度の肥満の方です。また、これらの方と一緒に生活されておられる方,学校や職場で人との接触の多い方も積極的に受けて頂きたいと思います。
 65歳以上の高齢の方はインフルエンザから肺炎を起こすリスクが高いので、是非ワクチンの接種を受けて下さい。忘れてはいけないのが、小さなお子さんです。インフルエンザが流行すると、たくさんのお子さんが高熱を出して、救急外来を受診します。中には、気管支炎、肺炎、熱性痙攣などで入院することもあり、稀にインフルエンザ脳症をおこすこともあります。最近2年間インフルエンザが流行しなかったので、特に小さなお子さんでは免疫が低下していると思われ、ワクチン接種はとても重要となります。

5.例年通りのインフルエンザ対策が必要です

今季は、発熱された患者さんでは、ワクチン接種歴に関わらずCOVID-19とインフルエンザを見分けることが重要となります。また両者が合併して重症になる場合もあります。したがって、発熱者では両方のウイルスに対する検査が必要となることがありますので、医療機関の受診をお勧めします。
 インフルエンザと診断されたときは、抗ウイルス薬による治療を検討することとなります。抗ウイルス薬は、インフルエンザの重症化、死亡を抑制します。高齢者、小さなお子さんなど重症化のリスクのある方は当然治療の対象となりますが、リスクを持たない健康な人でも重症化することはあり、その予測は困難です。
 インフルエンザに対しては、他の呼吸器感染症と同様に、一般的な予防も大切です。手洗い、マスク、咳エチケットを普段から心がけることが重要です。
 わが国のインフルエンザ診療は、早期診断・早期治療の体制が確立しており、世界の中でも進んだ国の一つと言えます。国民全体が、従来通りのインフルエンザ対策を行っていただきたいと思います。

ご来院情報

内科、消化器・肝臓内科、呼吸器内科、循環器内科
〒432-8021 静岡県浜松市中区佐鳴台2-32-15
053-448-2115
第2駐車場有り
8:30~12:00(受付終了11:50)
14:00~15:30(検査:主に大腸カメラ)
15:30~18:00(受付終了17:45)

【休診日】 木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

当院第2駐車場のご案内

駐車場MAP
  1. アクセスする順序
    当院向かって右から50m先に進んでください。
  2. アクセスする順序
    最初のT字路を右折し、30m先に進んでください。
    右手に当院第2駐車場がございます。